歯科膿瘍は痛みの少ないレーザー

レーザーというと、ほとんどの人が、皮膚のシミ取りや、眼のレーシックを想像すると思いますが、最近では歯科治療にも利用されているのです。歯の膿瘍のレーザー治療は、患部の切開と同時に、鎮痛、止血、消炎の効果が得られます。特に、Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーは、レーザー光を水で冷却しながら使用するため、熱の発生が抑えられて、痛みが少なく、麻酔や鎮痛剤の使用を減らせるメリットもあります。ですから、化学物質の使用が心配な、妊娠中の方やアレルギー体質の方は、ぜひレーザー設備がある歯科医院を探してみてください。

患者さんの負担が少ないレーザー

歯科治療が怖い・痛みが不安という気持ちが強い方も安心な無痛治療やリラックス治療を行う歯医者さんでは、レーザー治療も取り入れています。レーザーを使った無治療では、単一の光線を照射することで歯や歯肉の治療をします。レーザーと一言で言っても、炭酸ガスレーザーや半導体レーザー、エルビウムヤグレーザーなどその種類は多く、無痛治療を行う歯科医院では軟らかい歯肉組織や硬い歯の組織と治療する箇所により使い分けをしています。レーザー治療では、痛みや出血といった侵襲が少ないので治療中の患者の負担が少なく、治療後の腫れや傷の治りも速いというメリットがあります。

歯科レーザー治療について

新着情報

↑PAGE TOP