歯科での色素沈着に効果がある

技術の進歩によってレーザーを用いたレーザー治療は歯科医院でも利用されるようになっています。歯科医院でのレーザーを用いた治療としては、それまでのドリルによって虫歯を削るといった治療の代わりとして使われます。レーザーを使うことによって、ドリルと比べて音による不快感や痛みが大幅に軽減されます。またレーザーを用いることでドリルと異なり歯茎などへのダメージを最小限にすることができ出血のほとんどが抑えられるといったメリットがあります。またレーザー治療として歯茎に発生した色素沈着を除去するといった方法にも使われています。

歯科で受けるレーザー治療

レーザー治療は一般的になってきましたが、歯科でも導入するクリニックが増えています。レーザーは様々な種類がありますが、一般的には殺菌、止血、麻酔、歯の切削を得意とします。これらを活かして、歯科では、初期の虫歯、知覚過敏、口内炎、歯ぐきの形成、歯肉の黒ずみ、歯周病の炎症の鎮静化、歯根の治療などにレーザー治療が使われています。しかしながら、症状によってはこれまでの治療法の方が早く済む場合もありますし、保険が適応されない場合もあります。その点も踏まえてレーザーで治療を行うかどうか医師と相談するようにしましょう。

歯科レーザー治療について

↑PAGE TOP