歯科医院受けられるレーザー治療

昔は虫歯をドリルのような機械で削ったり、歯が抜けているところに差し歯をしたりといった治療を行っていた歯科医院において、近年ではレーザー治療やインプラントといった、新しい技術を用いた治療が受けられるようになっています。前者はレーザーを用いることにより、ドリルで削る際の振動や不快な音を感じることがないというメリットが、後者は顎の骨に人工の歯根を埋め込んでから人工の歯を装着することで、グラグラせずに、まるで自分の本物の歯のように使用できるというメリットがあります。ただ新しい治療法には高い技術が必要な場合も多いので、歯科医院選びは慎重にすることが肝心です。

歯科医療期待できるレーザー治療

レーザー治療は歯科の現場での新しい治療法として注目されてきています。レーザーを使っての治療なので、従来の器機での、治療のさいの削る振動や音などがないため、痛みや衝撃をあまり感じずに治療できることが特徴です。ただレーザー治療には不向きな病変もあるので、すべての虫歯がレーザーによって治療できるというわけではありません。比較的浅い部分の虫歯であれば治療可能ですが、あまりに深いところだとレーザーでは除去できない場合があります。とはいっても新しい治療法が確立されるのは患者にとってもメリットなので、これからの歯科医療にますます期待できるところです。

歯科レーザー治療について

↑PAGE TOP