止血に役立つ歯科のレーザー治療

歯科による歯茎や粘膜の治療では、歯茎を切開することがあります。その場合は、出血が大きな問題になります。血が出ていたのでは、治療個所を正確に把握できない恐れがあります。そんなときに役立つのが、レーザー治療です。レーザー治療は、止血に大きな効果があります。また、レーザー照射を行うことで、治療後の出血を予防できます。歯科が使うレーザーで、止血に効果があるのは、次のような種類です。・半導体レーザーの高出力タイプ。・炭酸ガスレーザー・ネオジウムヤグレーザー・エルビウムヤグレーザー・エルビウム,クロミウム;ワイエスジージーレーザー使うレーザーの種類によって、料金がちがいます。

痛みの少ないレーザー治療

歯を治療するさいに、なるべく痛みが少なくてすむようにしたい、というのは誰もが望むところでしょう。最近の歯科治療ではレーザー治療が、痛みが少ない治療として人気になってきています。従来の器機と違って、削るさいの振動が全然ないため、不快感や痛みをあまり感じることなく治療をすることが可能になりました。さらに殺菌効果があり、治療と同時に消毒や消炎もおこなうことができるので、治療後の経過も非常に良好というメリットもあります。患者への負担が少ないレーザー治療は、これからの歯科医療におおいに期待できるところです。

歯科レーザー治療について

↑PAGE TOP